済むやすい空間に造り変える|リフォームは施工業者のお任せ

家の間取りを変えて快適に

都心で人気の住宅の間取り

リフォーム

一昔前は、住居のリフォームというと、間取りそのままに新築のように内装や水回りなどの設備を新しくすることを指していましたが、現在は間取りを大幅に変えたり、商業施設を住宅に変えるといった大掛かりなものもリフォームに含まれています。そのようなリフォームはリノベーションと呼んだりして区別されていることもあります。今は東京オリンピックを前に、東京全体の土地価格が非常に高騰していて、数年前より500万円から1000万円も割高な物件も珍しくありません。そこで、割安な中古物件を購入して好きなようにリフォームし、新築よりも快適な自分らしい住まいを得ることが最近の不動産業界のトレンドになっています。中古物件といっても築20年以内ならほとんどの物件が建築基準法にも合致していますし、構造は問題無い物件がほとんどです。土地代が非常に高額な東京の住まいは、ほとんどがスペースとの戦いであり、建物が密集しているので日当たりや風通しを得られるかが非常に重要になってきます。東京の物件で人気のリフォームは、部屋を細かく区切っている壁を取り払い、ワンルームに近い間取りにする方法です。核家族の増加や子供を持たない夫婦が増え、家族の人数も減っている今、無駄な部屋数がある物件は時代に合わなくなっています。家族が一つの空間でなるべく長い時間を過ごす事が出来て、個室が必要になった時に家具などで仕切る事のできる間取りが今は人気になっています。

安心価格できめ細かい対応

作業者

リフォームをお考えの方、「フレッシュハウス」という評判のリフォーム会社はご存知ですか。フレッシュハウスは創業22年の実績のある会社で、1都7県に30店舗を構えています。フレッシュハウスでとくに評判がよいのが全面リフォーム、キッチン、リビング・ダイニングの3つです。フレッシュハウスが30店舗も展開できていて、評判がよいのはなぜなのでしょうか。それはしっかりした品質の商品と適切な施工を安心価格で行っているからです。業者に見積もりを出してもらった後突然値引きされ、嬉しい反面、いい加減な見積もりだったのではないかと不安になったことはありませんか。フレッシュハウスは仕入コストの削減で無駄な費用をカットしています。30店舗というスケールメリットを活かしつつ無駄な仕入でコストがあがることがないよう日々努力を重ねているのです。次に、具体的な相場についてです。ほんの一例ですが、キッチンのリフォーム(キッチン交換、食洗器導入、IHクッキングヒーターへの変更など)で90万円。トイレのリフォーム(トイレ交換、タンクレストイレの導入、手洗い場の設置)で30万円。浴室のリフォーム(浴室交換、段差解消、スペースの活用で1サイズアップ、手すりの追加、滑らない・暖かい床の導入)で120万円。強引な営業はなく、あくまでもお客様の予算と希望にあわせて提案してもらえます。リフォームするためには、その場所の片付けが必要ですので物が多い方は、少しずつ処分しておくとよいでしょう。最後に、評判が良いといっても実際にお願いするのは心配なこともあります。まず安いトイレリフォームを依頼して気に入ったら、浴室もお願いしてみる。そんな依頼の仕方もおすすめです。

快適な家を作る

間取り

名古屋市は愛知県の県庁所在地がある街です。政令指定都市にもなっている名古屋市、住みやすさが人気でマイホームを持つのに選ばれています。名古屋市は比較的、土地も広い事から一戸建て住宅のマイホームを選ぶ方も少なくありません。中には中古の物件を購入し、リフォームしてから入居するというケースもあるようです。中古物件は新築物件と比べると、予算を大幅に抑える事が出来ます。ただし、名古屋市にある中古物件の中には、断熱材が入っていないという住宅もあります。断熱材が入っていない物件は、断熱性能が低いため夏は暑く、冬は寒いという住宅環境になってしまうので注意が必要です。断熱材が入っていない、または古い断熱材で性能が不安という場合、断熱材を入れるリフォームを検討してみましょう。住宅全体に断熱材を入れたり、取り換えるといったリフォームは高い費用がかかってしまいますが、天井部分のみだけでも断熱リフォームを行えば、かなり断熱性はアップします。なぜなら、天井は屋根に当たった太陽光の熱が、ダイレクトに伝わりやすいからです。天井部分のみだけでもリフォームする事によって、屋根からの熱を遮りより快適に過ごせるマイホームとなるでしょう。断熱材には発砲プラスチック系と繊維系の2種類があり、グレードによって費用に差が出ます。一般的な断熱材を入れるだけのリフォームであれば、約60平米から100平米の住宅の場合、約15万円から30万円程度の費用が相場です。